ライブチャットの用語解説

ライブチャットを利用する際に、知らない単語が結構あって大丈夫かな?と不安になることもあると思います。まずは、ライブチャットで普段使用されている用語を一通りご覧になってからご利用されることをおすすめします。

 

パーティチャット
1人のチャットレディにたいして、複数の男性が共有してチャットを楽しむことを言い、通常はこのパーティチャットで楽しむ事が多いです。

 

2ショット
名前のとおりあなたとチャットレディの二人だけでお話したりチャットレディの姿を見たりして楽しむことが出来ます。自分の希望が通るので最も楽しめるツールですが、パーティチャットが優先のため、チャットレディとの了解を得たうえで2ショットに移行する必要があります。

 

のぞき
お話などが苦手なかたは、パーティチャットしているチャットレディをただ眺めるだけの覗きというモードもあります。ただ、料金は、パーティチャットとあまり変わらないので、パーティチャットのほうが楽しめるでしょう。

 

双方向
チャットレディにも、あなたの画像が流れるので、お互いの姿を見ながら楽しめるモードです。一番ライブチャットの目的にあった形のモードですが、ポイントもそれなりに消費するので余裕のある時に利用されるとよいと思います。

 

秘密メッセージ
パーティチャットでは、複数の男性と共有して遊ぶのでメールをしても皆にもそのメッセージが見えてしまいますが、秘密メッセージをするとチャットガールだけにしか見えないメッセージを送ることができます。この後、2ショットできますかなどお願いするときや内緒のお願いをしたいときなどに便利ですね。

 

リモちゃ
バイブやディルドなどのおもちゃを使って欲しい時にお願いするモードで、大概のチャットサイトではリモート式になっていて、バイブをリモコンで強弱できるので、あなたの操作で強くすればチャットレディもそれに反応してくれるので、画面越しですが自分で操作している感覚が味わえます。

 

おさわり機能
チャット運営会社により様々なですが、このおさわり機能はマウスを動かしてオッパイや股間をお触りするという機能です。ただ、もちろん画面越しなので、サワサワしてチャットレディが喜んでもらうことを目的とした機能です。

 

ぶっかけ機能
上記のおさわり機能と同様で、マウスをクリックすると白い液体が画面越しにチャットレディの身体にかかるというもので、ちょっと虚しいものもありますが、かけたい部分にマウスを持っていき気のすむまでぶっかけてみてください。逆に楽しいかもしれませんね。

 

BAN
チャットを利用する人の中には、面白くないと迷惑行為をする人も出てきます。そんなときにチャットレディのほうからも拒否できる機能。

 

垢BAN
チャットレディに対する嫌がらせや、サイト自体に迷惑行為をする人に対して運営者側が拒否する事をいいます。

 

キック
BANと似たような機能ですが、チャット中に頻繁にINしたりOUTしたり、無料のメールを頻繁にしたりと、チャットレディが迷惑と感じた時に相手を追い出すことが出来る機能。

 

チップ・プレゼント
チップ(ポイント)を上げたり、香水などをプレゼントすることが出来ます。チャットレディに喜んでもらいたいときや、もっとサービスしてもらい時にチップを上げたり、何か欲しいものがないか聞いてプレゼントすることで、女の子と仲良くなるきっかけになるかもしれませんね。

 

待機地獄
平日の午前中や、利用者が少ない時にはチャットレディはカメラの前でずっと待っていなければいけません。待っている間も画像は流れているので、結構その間は苦痛になることもあります。その待っている間の毎を待機地獄などという事があります。